1日周遊で有名スポットも押さえちゃおう!カオサン周辺オススメの楽しみ方

1日周遊で有名スポットも押さえちゃおう!カオサン周辺オススメの楽しみ方

カオサン

バンコク旅行でカオサン通りを訪れるという方も多いのではないでしょうか?

カオサン通りといえば、

「バックパッカーの聖地」と言われていたり、

その反面、「今は観光地となってしまった」と言われていたり・・。

つまりは「バックパッカーの聖地という名の観光地」くらいに思っていれば良いでしょう。

実際、夜に通ると、西洋人向けの派手なネオンのバーやレストラン、宿が多いように感じました。

カオサン周辺の観光の楽しみ方を紹介したいと思います。

立地的にはちょっと不便なカオサンエリア

カオサンエリアには、現在鉄道が走っていないので、訪れるのがちょっと面倒だったりします。

・・が、そうは言ってもカオサンだってバンコクです。

バンコクに滞在しているのなら、タクシーやトゥクトゥクを使えば、そんなに時間はかかりません。

タクシーのぼったくりが不安な方は、明朗会計で安心の「GRAB」というアプリを利用してみてください。

利用方法については、過去の記事に記載しています。

ぼったくりナシ!車内での会話も不要!タイで移動するならタクシーアプリ「GRAB」が便利!

有名寺院をめぐる!一日周遊コース!

コース概要:行程には注意が必要!

カオサン周辺

今回の周遊では、【王宮】→【ワットポー】→【ワットアルン】と南に向かって回ります。

実は、わたしたちは今回の旅行で王宮には行けませんでした・・。

というのも、わたしたちは先に一番南に位置するワットアルンに行き、そこから北上するプランで、のんびり行動していたのですが、王宮はチケットの販売が15:30まで

残念ながら、朝のんびり行動し始めたこともあって、王宮には入れませんでした。

なので、この記事を読んだみなさんは、ぜひ先に王宮に行ってくださいね

 

チャオプラヤ川沿いをぶらぶらと・・

今回は、チャオプラヤ川沿いに南下しながら、周遊をスタート。

途中にタマサート大学がありますが、通り抜けできました。

【スポット1】王宮

料金は今回のカオサンエリア周遊ではとびぬけて高いのに、終了時間は他より強いという強気の姿勢。

先ほど申し上げたように、我々は最後に王宮を見ようとして、15:30を過ぎてしまい結局見れなかったので、最初に見学するのがお勧めです。

【料金】500THB

【時間】8:30~16:30(チケットの販売は15:30まで)

【スポット2】ワットポー

カオサン周辺

巨大な寝釈迦仏を観ることができます。

寝釈迦物の真ん中らへんには、寝釈迦物と写真を撮るべスポジがあります。観光客の人たちはこちらで順番に並んで、自撮り棒で撮ったり、次に並んでいる人にシャッターボタンを押してもらったりと、寝釈迦物との記念の一枚を撮影していました。

わたしたちも記念にカシャリ。

入場チケットに、お水の券が付いていたので、ペットボトルの水とか貰えるのかな?と思っていたら、敷地内にお水を飲むところもありました。

これを飲んでいいよ、ということでしょう。
カオサン周辺

【カオサン通りからの距離】徒歩20分

【料金】100THB

【時間】8:30~16:30(チケットの販売は15:30まで)

【スポット3】ワットアルン

ワットアルンへの行き方

ワットアルンに行くには船に乗る必要があります。

そのため、まずはフェリーターミナルを目指します。

フェリーターミナルは、大きな十字路の東側です。

真向かいにはワットポーがあるので、わかりやすいと思います。

カオサン周辺

ワット・アルンはチャオプラヤ川の対岸にあります。

行くには、船に乗らなくてはなりません。

自分で船にのるとか、ちょっと面倒かな、と思うかもしれませんが、ワットアルンに向かう観光客の方も沢山いるので心配いりません。

船も頻繁に行き来しています。

船着き場は、ワットポーのすぐ向かいにあります。

カオサン周辺

カオサン周辺

運賃は片道4THB。

日本語でも手書きですが、「ワットアルン4THB」と書いてくれています。

カオサン周辺

 

川を渡るだけなので、数分で到着します。

 

ワットアルンは、三島由紀夫先生の「暁の寺」の舞台になったというお寺です。

と、偉そうに行ってますが、読んだことありません。

うぅ・・。「三島由紀夫レター教室」とか、「命売ります」とかは読んだことあるもん・・!(←この辺はかなり読みやすいので、おすすめです。)

カオサン周辺

カオサン周辺

装飾はよく見ると陶磁器の破片でできていました。

変わっていますが、可愛いですね^^

途中までは登ることができます。

【料金】50THB

【時間】8:30~18:30(チケットの販売は15:30まで)

MAKE ME MANGO

カオサン周辺

ちょっと休憩におすすめなのが、マンゴースイーツ専門店「MAKE ME MANGO」

店内には韓国と日本のお客ばかりでした。西欧系の方はゼロ。

日本人が多いのは、メジャーな観光雑誌で取り上げられているからでしょう。

わたしも「まっぷる」を見て来たクチです。

MAKE ME MANGOへの行き方

カオサン周辺

Googleマップでは、なぜか路地のなかをジグザグに歩かせようとしてきますが、大通り沿いに歩いて曲がったほうがわかりやすいです。

路地は、「え、ここ通っていいの?」と思う様な場所などあり、人気もなかったりしてちょっと不安になります。

わたしも結局、大通り沿いを歩いて行きました。

カオサン周辺
大通りからみたMAKE ME MANGO
カオサン周辺
MAKE ME MANGOに到着

MAKE ME MANGOはマンゴースイーツ専門店というだけあって、日本では高価なマンゴーをふんだんに使ったスイーツを頂くことができます。

今回バンコクを音連れたのは8月の暑い時期。

雨季のバンコクは、ムシッとサウナ状態で、じわじわ汗ばんで、体力が消費されますが、「MAKE ME MANGO」さんの店内はクーラーでキンキンに冷えています。

入ったら天国~♪

入ってすぐのカウンターで注文して、代金を払ったら、番号札を持って席に座ります。席は自由です。

カオサン周辺

あとから注文したものを、店員さんが持ってきてくれます。

カオサン周辺

↑↑ 「MANGO & STINCKY RICE」 165THB ↑↑

カオサン周辺

↑↑ 「MANGO Bingsu」 225THB ↑↑

カオサン周辺

↑↑ 「MANGO SMT(PURE)」 225THB ↑↑

 

冷たいマンゴージュースとマンゴースイーツでかなり回復(^^♪・・と思っていたら、段々、今度は身体がめっちゃ冷えてきます。

なにしろ、店内もドリンクもキンキンですから。

バンコクの施設はどこも空調でめっちゃ寒くしてあるので、暑くてもカーディガンは必須ですね。

 

今回は濃厚なマンゴースイーツにすっかりハマってしまい、ワットアルンへ渡る前と渡った後、1日で2回も「MAKE ME MANGO」さんにおじゃましました。(笑)

 

みなさんもぜひ、カオサンエリア周遊の一休みに、「MAKE ME MANGO」さんに立ち寄ってみてください。

カオサンで足の疲れを癒すマッサージ

観光地を巡ったら、今度はカオサン通りへ一気に北上!ワットアルンの船着場から通りに出たら、トゥクトゥクが沢山止まっているので、疲れていたらそれで一気にカオサン通りに戻るのもよいでしょう。

カオサンに戻ったら、まずは一日歩いた足を癒してください♪

カオサン通りの周辺には、マッサージ店がいたるところにあります。

夕方からは、店の前にチェアを沢山出して営業をするお店も少なくありません。

1時間でも300THBほど。

大抵のマッサージ前には足を洗ってもらえますので、歩き疲れた足を触れるのが心配な人も安心です(笑)

別の記事に記載しているマッサージ屋さんでは、わたしたちが実際に体験しているので、間違いなく洗ってもらえますよ。

ついつい毎日行ってしまう!タイのマッサージのコスパが最強過ぎたお話

 

夜はカオサンで食事

夜はまたカオサン周辺に戻って、お食事です。

今回はチャオプラヤ川沿いのホテルのレストランで、お食事をいただきました。

 

最後に

カオサン周辺にも、メジャー観光地がいくつかあり、しっかり堪能すると、「仏像はもうお腹いっぱい」状態になりました(笑)

スイーツ・飲食・マッサージと、本当に一日がかりです。

ぜひ、みなさんもバンコク旅行の際は、カオサン周辺の観光に行ってみてください。

 

★チャオプラヤ川のディナークルーズがとても良かったと、先日友人が言っていたので、そちらで優雅にディナーを楽しむのも良いかもしれません。

ベルトラのサイトにもツアーの申し込みがあったので、よかったら参考にしてみてください★

↓↓↓

観光地カテゴリの最新記事