NHK朝ドラ「まんぷく」のロケ地にも!神戸迎賓館 旧西尾邸でランチ&館内探索!

NHK朝ドラ「まんぷく」のロケ地にも!神戸迎賓館 旧西尾邸でランチ&館内探索!

神戸迎賓館 旧西尾邸

先日、神戸にある迎賓館「西尾邸」にあるレストラン「ル・マン」に行ってきました。

西尾邸は、大正時代に造られた和洋折衷の素敵な建物。

 

ちなみに、西尾邸があるのは、神戸市の西に位置する須磨区。

同じ和洋折衷の建物が集まる「神戸異人館エリア」とは場所が違いますのでご注意。

 

広大な敷地には、文化財に指定された建物が多数あり、敷地の中に入っただけで高揚感が・・。

では、今回はそんな西尾邸の魅力を紹介いたしましょう。

敷地内は文化財だらけ!

神戸迎賓館 旧西尾邸

旧西尾邸は、2006年に敷地全体が神戸市の名勝庭園に指定されました。

2010年には本館を含む5棟の建造物が兵庫県指定の重要有形文化財に、さらに本館の横に広がる日本庭園には、2つの登録文化財もあります。

NHK連続テレビ小説「まんぷく」にも登場!

2018年10月1日より放送を開始した、NHK連続テレビ小説「まんぷく」の、10月4日に放送された第4話にて、神戸迎賓館が舞台となるシーンがありました。

撮影されたのは、主人公福子の姉・咲と、婚約者真一の結婚式のシーン。

まんぷく西尾邸
画像出典:「NHK連続テレビ小説まんぷく」https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/

 

 

まんぷく西尾邸
画像出典:「NHK連続テレビ小説まんぷく」https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/

 

↓↓こちらは本館の入口で撮影された場面。

まんぷく西尾邸
画像出典:「NHK連続テレビ小説まんぷく」https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/

↓↓本館入口(放送とは逆側)

神戸迎賓館 旧西尾邸

過去のダイジェスト放送は、NHKのサイトで観ることができます。

https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/

 

 

建物の様子

建物は、大正時代に貿易業を営んでいた西尾氏が、お客様を迎えるために作った建物。

西尾邸は戦後、GHQにより接収されましたが、西尾市の御子息が留学時にGHQの一人と知り合いになり、建物を買い戻すことができたのだそう。

本館

神戸迎賓館 旧西尾邸

神戸迎賓館 旧西尾邸

いたるところに「木」を使用した細工

本館は、木で細かな細工を施したつくりになっています。

本館1F天井

神戸迎賓館 旧西尾邸

神戸迎賓館 旧西尾邸
こちらは床の写真。 写真の上部分はイスラムのモザイク、下半分は日本の様式をとりいれているのだそう。

 

鳳凰の間

2階の「鳳凰の間」窓からは神戸の海が一望できます。

結婚式などをするときには、こちらが披露宴会場になるようです。

戦前は、こちらに海外からのお客様を迎えていたのだそう。

この日も、挙式されたかたの披露宴の準備が行われていました。

 

神戸迎賓館 旧西尾邸

 

チャペル

本館とは少し離れたところにある、こじんまりとした可愛いチャペル。

神戸迎賓館 旧西尾邸

旧式の暖房設備

実はこちらの木でできた建物、一見、もの置きのようにも見えますが、国の指定文化財なんです。

これは物置ではなく、戦前に使用された暖房設備なんだそう。

当時は最先端の、館全体をあたためる暖房設備だったんです。

神戸迎賓館 旧西尾邸

日本庭園

神戸迎賓館 旧西尾邸

茶室

 

お食事が綺麗で豪華、そして美味しい!

今回いただいたのは、「贅沢ランチ」のコース。

コース内容を紹介します。

神戸迎賓館 旧西尾邸

秋刀魚と焼き茄子のプレッション 肝と白バスサミコ酢のヴィネグレット
神戸迎賓館 旧西尾邸
栗のヴルーテ 自家製神戸ポークのジャンボンを添えて
神戸迎賓館 旧西尾邸
パンは食べ放題(^^♪
神戸迎賓館 旧西尾邸
スズキのポワレ 葱のア・ラ・クレーム ソースヴェルジュテ
神戸迎賓館 旧西尾邸
播磨赤鶏のロティ 腿肉とアバのソーシス バースニップのピュレ
神戸迎賓館 旧西尾邸
黒毛和牛フィレ肉のポワレ 季節野菜を添えて(+2000円)

 

神戸迎賓館 旧西尾邸
パティシエ特製デザート (木苺とイチジクのスイーツ)

 

 

お食事の後は、スタッフの方による熱のこもった館内案内!

お食事の後、スタッフの方からお申し出くださり、館内案内までありました。

短い時間でしたが、説明の熱量に、スタッフの方が「西尾邸大好き」なのが伝わってきます。

 

その後は、文化財の茶室がある、名園に指定された日本庭園を自由に散策させていただきました。

こちらのお庭、「100年後に最も綺麗に見えるように」造られたとのこと。

もみじなどの植物が育ち、視界より高い位置に葉が茂ることで、建物から庭を見た景色がすばらしくなるのだとか。

紅葉の季節には、赤やオレンジの葉にふちどられた庭が一層素敵になるそう。

1919年に西尾邸は建てられているので、今がまさに「造られてから100年後」

まさしく、ここ数年が、西尾邸がもっとも美しいくなる時期なんです。

 

秋も深まるこれからのシーズン、ぜひ旧西尾邸に足を運んでみてください!

日本カテゴリの最新記事