インスタ映えも狙える!タイの観光オススメ&人気スポットはここ!

インスタ映えも狙える!タイの観光オススメ&人気スポットはここ!

バンコク観光地

バンコクに旅行!と決まったら、次は何をするのか内容を詰めるのに、結構悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。

実はバンコクは観光地の宝庫
しかも、ひとことに「バンコク」と言っても、その場所は広範囲なのです。

今回は、バンコクのHOTな観光スポットを紹介します。

:::::::::::::::::::

人気急上昇!インスタ映えも狙える人気スポット

ワットパクナーム

画像出典元:「Amazing Thailand」(http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/)

今、バンコクでもっともHOTな観光地がワットッパクナーム。

なぜかというと、インスタ映えも狙える色彩豊かで不思議な空間だから。

上の写真をみてください。

他の寺院にはない彩色ですね。

なんだか、見ているだけで吸い込まれそう・・。

これはSNSに乗せたら、「なんだここ!」とみんなの目を引くこと間違いなしですね★

 

最寄り駅は「タラ―ト・ブル駅」ですが、そこからトゥクトゥやタクシーに乗る必要があります。

自分で移動するのに自信がない場合は、オプショナルツアーに申し込んで連れて行ってもらいましょう。

チャンチューイ

おおきなエアークラフトがどどーんとおいてある人気観光スポット。

タイのファッションブランド「FLYNOW」のオーナーが2017年6月に立ち上げたできたばかりの新スポットです。

建築廃材の利用などをコンセプトに作られた、最先端のおしゃれなアートスポットとなっています。

バンコクフロートセンター

バンコクフロートセンター

人気サイト「トリップアドバイザー」でも上位を誇るのが、ここ、「バンコクフロートセンター」。

海外からもかなりの高評価で、こんなに★5つをつけれらるスポットもそうないだろうというくらい絶賛されています。

どんなアクティビティかというと、塩分濃度が濃く、人の身体がぷかぷか浮いてしまうという中東の死海の塩分濃度と同じくらいの塩分が入った水に浮くというもの。

ミネラル分も豊富で、バンコクのアクティビティの中では「スパ」に分類されるくらい、リラクゼーション効果も抜群

肩こりやカラダのだるさが治ったという口コミもあり、人気急上昇中のスポットのひとつです。

不思議な瞑想体験!「バンコクフロートセンター」での浮遊体験レビュー!

定番スポット

「バンコク観光といえば!」というくらいの定番にして絶大な人気を誇るバンコクの観光スポットを紹介します。

アユタヤ遺跡

画像出典元:「Amazing Thailand」(http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/)

アユタヤ遺跡は、バンコクの中心地から北に車で1時間半~2時間(車の渋滞にもよります)の場所にある、バンコク旅行でもっとも人気のある観光地です。

 

アユタヤ王朝は1767年にビルマ軍の侵攻によって王朝が滅亡するまで、400年もの間栄華を極めていました。

アユタヤでは、今も残るかつての王朝の遺跡を観ることができます。

 

遺跡は点在しているので、効率良く回ったり、説明をきいたりするためにも、個人で行くよりはガイド付きのオプショナルツアーに申し込む方が良いでしょう。

半日ツアーもありますが、基本的には1日がかりでアユタヤを見て回るツアーが◎。

朝7:00にバンコクに集合し、ツアーの車で向かうというものが多いので、アユタヤ遺跡を旅行に入れる際は、バンコク中心地に宿泊したほうがよいでしょう。

ピンクのガネーシャ

画像出典「Amaging Thailand」(http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/tradition.html)

数年前には「夢を叶えるゾウ」の本で日本でも有名になったガネーシャ。

タイには、ピンク色をした大きなガネーシャを見ることができます。

ガネーシャの周りに居るネズミの反対の耳をふさぎながら、もう一方の耳に願い事を囁くと、ガネーシャが願いを叶えてくれるのだとか。

内緒のお願いをしてみたくなっちゃいますね★

街中に鎮座する巨大なピンクのガネーシャはインパクト大!高速で願いを叶えてくれると評判のお寺です。願いを叶えてもらうには周りにいるねずみの耳に願い事を囁きます。この時に反対の耳をふさいで願い事がもれないようにするのがポイントなのだとか。

「Amaging THAIRAND」http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/tradition.html

水上マーケット

バンコク水上マーケット
画像出典「VELTRA」(https://www.veltra.com/jp/asia/thailand/bangkok/a/6922)

水上マーケットはタイ語で「タラ―ト・ナーム」と呼ばれます。

運河を荷物を載せた船が行き来し、船同士や、船と川辺の店とで売り買いするのが水上マーケットと言われる所以。

かつてはバンコクでも日常的な光景だったようですが、今ではバンコク郊外に数カ所残るだけとなっています。

有名な水上マーケットは、

  • タリンチャン水上マーケット
  • アムパワー水上マーケット
  • ダヌムン・サドゥアク水上マーケット

の3つです。

メークローン市場

メークローン市場はテレビでも時々紹介される面白スポットです。

なにが面白いのかというと、メークローン市場は、現在も列車が走る線路の上にまで店が広げられる市場。

「えっ!危ないんじゃないの?」

そう危ないんです。

だから、列車が近づくと、店主たちは手慣れた手付きで店を畳み、電車が通過してしまうと、またいそいそと店を広げんるんです。

その光景がとてもユニークなので、世界各国から観光客が見物に来ています。

 

電車は1日4往復、つまり、8回店を畳むことになりますが、見物のために行くとなると、その1日8回を見逃さないようにいかなくてはなりません。
場所的にもバンコク中心部から離れているので、ちゃんと電車の通過に合わせて観光してくれるツアーの利用がオススメです。

先に紹介した水上マーケットと一緒に廻れるツアーもあるので、セットのツアーの申し込むと効率よく観光できますよ。

バンコク街中観光

「一日がかりの観光はちょっとしんどいなぁ・・。」
そういう人は、バンコクの中心部で観光を楽しめる場所に行くのが良いでしょう。

朝はホテルでゆっくり眠って、日中は市内でショッピング。体力を温存して、夜のバンコクを楽しもう!というのもいいですね。

シーライフバンコク

サイアムのサイアムパラゴンの地下にある東南アジア最大を誇る水族館。

カラフルな東南アジアの魚たちや、ウミガメ、ペンギンなどを観ることができます。

サイアムの水族館「SEA LIFE Bangkok」はなかなかレベルが高い!実際に行ってみた感想

ニューハーフショー

タイといえばニューハーフ!みたいなイメージもあるくらい、タイはニューハーフ大国。

すらりとスタイル抜群で思わずうっとりしてしまうおねえさんたちが歌やダンスで華やかに楽しませてくれます。

 

チャオプラヤクルーズ

バンコクの西を流れる大河、チャオプラヤ川。

夜になると、音楽を流し、ライトアップされたクルーズ船がチャオプラヤ川を行き来します。

バンコク滞在中のディナーに、ぜひいかがですか?

 

ムエタイ観戦

「タイでは絡まれても絶対に喧嘩をしてはいけない」と、バンコク旅行に行く際に知人に言われたですが、それがなぜかというと、「タイはムエタイが盛んで、いかにも武道を嗜んでます」みたいないかつい人ではなく、いわゆる「細マッチョ」な、見た目は細いけど、実は格闘技をしている、という人が多いからだとか。

そう、タイといえばムエタイ。

最近は日本でも、格闘技が好きな女性も増えていますよね。

タイに行った際は、男たちの熱い戦いに歓声を送るのもいいですね。

さいごに

みなさんも、自分にあった旅行プランを立てて、楽しいタイ旅行を過ごしてください。
連日のツアーの詰め込み過ぎはとてもしんどいので、1日がかりのツアーは連続していれずに、1日空けるなど、身体の休息時間もしっかり予定にいれてくださいね。
それでは、良い旅行を^^

タイカテゴリの最新記事