アリオンクリーンの詰め替え方-良すぎてひと月も立たないうちに使い切りました

爬虫類

除菌・消臭材の「アリオンクリーン」を使用し始めてから、ひと月も立たないうちに1本目を使い切り詰め替えることになりました。

詰め替える際には、「アリオンクリーン」が真空ボトルであるが故の「ひと手間」が面倒ではありますが、実際やってみるとそんなに面倒ではありません。

今回は、そんなアリオンクリーンの詰め替え方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アリオンクリーンの詰め替え方-良すぎてひと月も立たないうちに使い切りました

\ 動画で紹介! /

YouTubeでもこの記事の内容をご覧いただけます。

アリオンクリーンについてのレビュー記事はこちら

「アリオンクリーン」を爬虫類飼育の除菌・消臭・掃除に使ってみた感想
今回は除菌、消臭、お掃除のスプレー「アリオンクリーン」を紹介したいとおもいます。 この商品、実は知ってから半年間ずっと買おうか悩んでいて、最近ようやくポチっとネットで買いました。 このアリオンクリーン、一体どういったものなのか、...

「アリオンクリーン」は詰め替えからが断然お得になる。

生体に使える除菌・消臭剤の中でもずば抜けて高価なことで知られるアリオンクリーンですが、実は詰め替え用からはアリオンクリーン1本相当の量が格段に安くなるんです。

 

最初はみなさんアリオンクリーンをボトルごと購入することになると思いますが、ネット等で購入した際の送料を含めなければ、1本当たり4,500円~4,800円くらいが相場ですが、詰め替え用は2本分の量が入って4400円くらいで購入することができます。

1本目で怯みがちですが、そこさえ乗り切れば、1本当たり2200円くらいの金額で使用を続けることができるというわけです

それでももちろん、他の除菌・消臭剤に比べれば高額ではありますが、アリオンクリーンの特性を考えれば、割と妥当な金額にも思います。

アリオンクリーンの特性というのが、「大腸菌・サルモネラ菌を除去」「生体に対しての安全性」「除菌・消臭・汚れの落ちやすさ」です。

わたしはズボラで、細かく掃除や消臭で都度スプレーを使い分けることが苦手なので、アリオンクリーンをバンバン使ってしまい、減りが早いですが、コスト面はこの便利さでなら仕方ないと割り切っているのでとても重宝しています。

アリオンクリーンの詰め替え方

アリオンクリーンの詰め替え方はちょっと独特です。

というのも真空ボトルを採用しているため、底を掃除機で吸わないといけません

 

手順としては、

①キャップを外す

②ボトルの底を掃除機で吸引

③詰め替え用の液体を入れる

④蓋を占める

となります。

掃除機でどのくらい吸えばいいかというのが明記されていないので、わたしは最初は1分くらい吸っていましたが最近は30秒くらいで「そろそろ良いかな~」となっています。

それでも十分スプレーできているので問題はなさそうです。

 

実際の詰め替える様子は、こちらのYouTubeで動画で紹介しています。


 

タイトルとURLをコピーしました