格安航空エアアジアでバンコクへ!

格安航空エアアジアでバンコクへ!
スポンサーリンク

エアアジアでバンコクへ!

今回はエアアジアXJ611便の利用でした。

格安航空の雰囲気をお伝えしたいと思います。

 

この記事の情報は2018年8月のものです。

 

エアアジアでの空の旅はどんなものだったか

到着空港はバンコクのドンムアン国際空港

 

「ドンムアン」の発音はなかなか難しく、現地の人に伝わりづらいので、「バンコク市内からドンムアン空港に行きたいとき」など、地元の人にドンムアン空港について訪ねたいときはOld Airport(古い空港)と言うと良いです。

「Airport」だけだと、新しくできたスワンナプーム国際空港を案内されてしまうかもしれないので、そこは注意してください。

バンコクと日本の時差、フライト時間は?

バンコクと日本の時差は、2時間です。

フライトは約5時間ほど。

エアアジアはどんな航空機?サービスは?

今回利用したエアアジアは格安航空のため、テレビなどの時間つぶしなどは一切ありません

 

その他、スリッパやらイヤホンやら、上等な航空機では基本的に用意されているものもありません

スマホなどの充電サービスもありません

それゆえの格安航空なので、特に文句はありませんが、その分、自分たちでの用意が必要です。

 

まず注意が必要なのが寒さ対策

今回のエアアジアでの移動、特に行きがけはとてつもなく寒かったです

ことしの8月は猛暑でしたが、猛暑対応の服装で乗ったら、確実に震えます。

 

飛行機に乗ってしばらくして、前の席の女の子が寒さに耐えかねて、ブランケットをスチュワーデスさんに求めたのですが、有料だと言われ諦めていました。

 

そうなんです。

 

格安航空って、細かいサービスは有料なのです。

 

機内食もオプションで追加しますので、基本的にはありません。

あまりにも寒いので、ブランケット買おうかな、なんて思いましたが、貸し出しではなく「購入」なので、あとあと邪魔だな・・と思い、やめました。

 

でも、そんな余計な出費に心が揺らぐくらい寒いんです。

 

このブログを読んだ人は、ぜひカーディガンを持って行くようにおすすめします。

(バンコク自体、建物の中はかなり寒くしてあるので、持っているとあとあと役に立ちますよ)

 

わたしは着圧のソックスと、日焼け防止のアームカバーがあったので、それでとりあえず寒さをしのぎました。

 

食べ物はOK?

公式には食べ物はダメとなっています。

グミとかアメとか食べている人はいましたが、がっつりご飯を持ち込むのはやめた方がいいでしょう。

AirASIA

Q:飲食物を機内に持ち込めますか?

https://support.airasia.com/s/article/Can-I-bring-my-own-food-on-board-en?language=ja

 

機内での暇つぶし

機内では本当にすることがありません。

 

なので、わたしたちはamazonで購入したIpadに、事前にamazonプライムで漫画をダウンロードしておきました。

 

機内ではインターネットに接続ができないので、動画を観たい場合は、事前にダウンロードしておく必要があります。

さらに言えば、機内に限らず、漫画などのコンテンツは日本の国外に出た時点で閲覧することができなくなるものも多いです

(バンコク到着後も、LINE漫画は閲覧不可でしたし、amazonも閲覧不可になっていました。)

なので、海外旅行に行く際は、読みたい漫画、動画は事前にダウンロードしておきましょう

 

さて、今回は夫婦ふたりでの暇つぶしなので、イヤホンを2つ接続できるコネクターも持っていき、2人で同じ動画を見ながら過ごしました。

これはなかなか便利だったので、2人で旅行する場合にはかなりおすすめです。

タイ旅行カテゴリの最新記事