自分で申し込む人間ドック!半日ドック体験レポート!「ここカラダ」でポイント値引き!主婦やフリーランスも定期的に健康管理を!

健康・女性の身体

会社に所属している人は定期的に健康診断があるかと思いますが、主婦やフリーランス、派遣、アルバイトなど、多くの人は定期的に健康診断を受けるような機会はないと思います。

 

また、20代や30代だと「人間ドックなんて大げさ」だと思いがちですよね。

しかし、まだ若年といえる年齢でも、大病を患う可能性はあります。

 

 

今回わたしは、比較的手軽に受けることができる「半日ドック」を申し込み、受診してきました。

それを元に、どのような検査をしたのかについてお伝えしたいと思います。

 

 

興味はあるけれど、なんとなく受けないまま過ごしている人のお役に立てると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

半日ドックを体験!主婦やフリーランスも定期的に健康管理を!

人間ドックを受けたほうが良い人

 

「人間ドックを受けたほうが良い人」というタイトルだとちょっと語弊があるかもしれませんね。

基本的には老若男女問わず年に1回は受診しましょう。

 

ただ、会社勤めの人は健康診断があると思いますので、そういう人たちは必要に応じて受けるようにしましょう。

特にこんな人は自分で人間ドックや健康診断を!

・専業主婦やフリーランス、フリーターの方など定期的な検診を受けていない人

・女性であれば20代後半からは子宮関係の検診や乳がんの検診をしましょう。

 

会社勤めのかたや学生さんは、定期的に健康診断があると思いますが、専業主婦やフリーランス、フリーターの方など、どこにも特に所属していないような人は自分で受けない限りは、誰かに強制的に受けさせられることもないので、自分でチェックするしかありません。

 

市の補助を受けれる検査項目もあるので事前に確認!

 

市の補助で個別にお安く受けれるものもあるので、人間ドックに申し込む前に行政から補助を受けれる検査を調べてみましょう。

(大阪市の場合は、年齢によっては1日人間ドックが受けれます。)

 

大抵のものは「40代から」「50代から」など、年齢制限があります。

 

30代・40代・50代の方は、市などの施策で無料、またはかなりの低い金額で個別の検査が受けれるものもあるので、ご自身の市町村を調べてみてください。

 

特に女性であれば乳がん検診や、子宮頸がん検診を受けるようにしましょう。

 

大阪市の場合は、30歳からは超音波検診が1000円で、40歳からはマンモグラフィーが1500円で受けることができます。

その年齢に達してない場合は、実費になります。

 

子宮頸がん検診(子宮頸部細胞診検査)は、20歳以上から2年に1回は400円で受けることができます。

 

とはいえ、わたしの友人は20代で乳がんになりました

○○歳から注意!というのは統計的な話なので、実際は病気に年齢は関係ありません。

 

20代後半からはチェックするようにすることをお勧めしたいです。

 

 

人間ドックと健康診断の違いについて

 

人間ドックと健康診断って、なんとなく違うのはわかるけど、実際なにが違うのかって言われたら困りますよね。

 

「人間ドックのほうが、なんかいろんな機器とかつかってたくさん調べる感じ・・」。

それでだいたい合ってます。

 

健康診断は、「労働安全衛生法」に基づいて行われるもので、企業が労働者たちの健康状態を毎年定期的に検査するものです。

 

一方の人間ドック病気の予防や早期発見のために行われるもの

コースで申し込めば、検査内容には健康診断の内容が基本的に入っています。

 

 

人間ドックではさらに、各自特に気になる部分の検査を選ぶことができます。

 

人間ドックの場合は、健康保険は適応されませんし、検査項目によっては高額になりがちです。

 

人間ドックの費用について

人間ドックは、検査内容によって費用は様々。

MRIPET検査など、高度な検査をメニューに入れると10万円近くするものもあります。

 

料金は病院によって異なります。

 

ネット申し込みのサイトを使えば、事前に費用を知ることができます。

 

ちなみに、今回私が申し込んだ「半日ドック」は35,200 円でした。

 

▼わたしが申し込んだコース(これはバナーではなくスクショです)

人間ドック「ここカラダ」
心斎橋クリニックが2020年4月から移転!場所が変更となるので注意!
この度、心斎橋クリニックの場所が移転することとなりました。 わたしもいつも人間ドックのときにはお世話になっているので、移転先について紹介したいと思います。 心斎橋クリニックが2020年4月から移転! 移転先は心斎橋オーパ ...

人間ドックの「ここカラダ」を使ってポイント値引き

 

今回はリクルートポイントやpontaポイントが使える人間ドックの予約サイト「ここカラダ」を使いました。

 

 

わたしはメインのクレジットカードがリクルートカードです。

リクルートカードはpontaポイントと互換性のあるリクルートポイントを貯めることができるクレジットカード。

 

そちらで貯めたポイントと、pontaのサイトで付与されたここカラダの期限付きポイントを使用して、約6000円分を値引きしました。

 

 

ちなみに、リクルートカードはポイント率が1.2で、無料で作れるクレジットカードの中ではもっともポイントがたまりやすいのでお勧めです。

 

>>人間ドックの「ここカラダ」はこちら

 

ここカラダを使った人間ドックの申し込み方法

人間ドック「ここカラダ」

 

ここカラダでは絞り込み機能が使えます。

地域や自分が検査してみたい項目で絞り込んでみてください。

 

 

候補のコースが複数でてくるので、費用なども加味して、自分に合ったもの選択。

 

 

わたしは、2年前に初めて受診した「心斎橋クリニック」にしました。

クリニック内が綺麗で快適で、とても過ごしやすいです。

 

検査の担当も、全員女性なのも、女性のわたしにとっては受けやすいポイントです。

 

心斎橋クリニックで半日ドック(事前準備~当日の流れ)

今回の受診内容と発見できる可能性のある疾患

人間ドック「ここカラダ」

 

今回は半日ドックというコースを申し込みました。

うえの画像が今回の検査で調べることができるものです。

 

 

女性であれば、レディースドックをつけてもいいと思います。

 

 

レディースドックとは、子宮頸がん検診や乳がん検診など、女性特有の病気に対する検査のコースです。

 

 

わたしは今年、不調で子宮頸がんの検査を受けたので、今回の検査には付けませんでした。

 

 

事前準備

 

検査の半月くらい前に封筒が送られてきます。

 

中に、オプション検査の申し込み(任意)や、検尿・検便の検査セット、当日の注意事項、問診票が入っています。

 

問診票の記入検便検尿は事前に行い、当日持っていきます。

 

飲食について

前日は、21:00以降なにも食べてはいけません。(水などはOK)

 

検査が正しく行えなくなるので、検査が終わるまでは食べないようにしましょう。

 

検尿

人間ドック「ここカラダ」

検尿は、当日朝イチの尿を採取します。

 

検便

人間ドック「ここカラダ」

 

検便は、検査日を含め直近3日以内のうちの2日間分を採取します。

 

人間ドック「ここカラダ」

 

こういう、採取しやすいシートも付いていました。

人間ドック「ここカラダ」

当日の流れ

人間ドック「ここカラダ」

 

心斎橋クリニックは地下鉄心斎橋駅から、地下で繋がっている建物の5階にあります。

心斎橋クリニックは、2020年4月1日から移転します。

移転先は心斎橋オーパの11階です。

この移転により、男女別フロアになるとのことです。

女性フロアでは、医師・技師・スタッフ全て女性が担当するとのことです。

心斎橋クリニックが2020年4月から移転!場所が変更となるので注意!
この度、心斎橋クリニックの場所が移転することとなりました。 わたしもいつも人間ドックのときにはお世話になっているので、移転先について紹介したいと思います。 心斎橋クリニックが2020年4月から移転! 移転先は心斎橋オーパ ...

まずは受付

問診票・検尿・検便を提出します。

検査用のファイルを貰い、更衣室へ。

検査着に着替える

人間ドック「ここカラダ」

 

岩盤浴の館内着みたいなものに着替えます。

更衣室に入ると、ここから先は渡されたファイルだけを持っていきます。

 

下着については、ショーツはつけますが、女性の場合、ブラジャーは外していきます。

今回の検査項目

今回の検査項目はこんな感じです。

・身体計測
・腹囲測定
・視力検査
・聴力検査
・血圧測定
・眼圧検査
・眼底検査
・心電図検査
・胸部X線
・肺機能検査
・胃部X線検査
・腹部超音波検査
・血液検査
・医師診察

検査開始

身体計測

身長と体重を同時に測れる測定機に乗って計測します。

一瞬で終わります。

視力検査

測定器を覗き込み、〇の穴が開いてる方向を答えます。

聴力検査

ヘッドフォンをつけ、片耳ずつ、ピー、と音が聞こえてる間ボタンを押し、聴力を測ります。

眼圧検査

人間ドック「ここカラダ」

装置を覗き込むと、ブシュッ!と一瞬風のようなものが来ます。

眼底検査

装置を覗き込み、瞳の写真をとります。

腹囲測定

メジャーで腹囲を測定します。

メタボなどの検査でしょう。

心電図検査

人間ドック「ここカラダ」

ベットに寝転がり、心臓の周りに吸盤を付けて検査します。

胸部X線
人間ドック「ここカラダ」

胴体上部のレントゲンです。

血液検査

人間ドック「ここカラダ」

血液を採取します。

具合が悪くなりやすいひとは事前に伝えましょう。

 

基本的には、担当の人が先に「採決で気分が悪くなったことはありますか?」と聞いてくれます。

わたしも、「針を刺してから動かすと気分が悪くなる」と伝えるようにしています。

 

すると、血管が見えにくいというのを察してくれて、より注意して採血を行ってくれます。

血圧検査

人間ドック「ここカラダ」

 

血圧はやったことがある人も多いのではないでしょうか。

腕を締め付けて図ります。

腹部超音波検査

腹部のエコー検査です。

肺機能検査

人間ドック「ここカラダ」

 

筒を口の中にいれ、鼻をつまみ検査します。

・時間をかけて、どれだけの量の息を吐けるか。

・時間をかけて、どれだけの量の息を吸えるか。

・一瞬でどれだけの息が吐けるか。

を検査します。

(一瞬でどれだけの息が吸えるかはありませんでした)

胃部X線検査

人間ドック「ここカラダ」
これは人間ドックの一大イベント・バリウムの検査です。

まず、口のなかに粉を入れます。

水でその粉を飲み込みます。

機械の前に立ち、白いどろっとした液体を飲み込みます。

重量のある液体をマクドナルドのMサイズくらいのコップの量飲むのでなかなか大変ですが、全部飲みます。

 

飲んだ後、機械が動きます。左右に傾いたり、頭が下になったり上になったりと、いろんな動きをするなかで、自分自身も指示に合わせてぐるぐると回転します。

横のバーを握れるようになっているので、しっかり握っている限りは落ちません。

手を離したところで、実際に落ちる心配はありません。(滑り台みたいにちょっとだけ滑ってしまうことはあると思いますが、怖いことはありません。)

 

その場で下剤を飲みます。

めちゃめちゃ即効性があるわけではないのでご安心を。

 

でも帰りに寄り道とかしようというのであれば、常にお手洗いの場所は把握しておきましょう。

医師診察

検査の詳細はまだわかりませんが、レントゲンなどをひととおり見て、簡単な問診や触診をします。

 

心斎橋クリニックでは、待ち時間に快適にくつろげるスペースがあります。

待ち時間といっても、とても効率よく回れるようになっているので、そこまで長く待つことはありません。

 

一通り検査が終わると、コーヒーや小さいパックのジュース(1人1本まで)を飲んだり、ちょっとしたビスケットをつまめたりします。

そういったものを口にしつつ、アンケートを書いて終了です。

受付

更衣室で着替えたら、受付へ。

お会計を済ませて、終了です。

 

今回はコースに1500円分のグルメカードが付いていました。

貰えると嬉しいけれど、そもそもその分のお金も払っているのでしょう。

 

でも快適にすごせるので、このクリニックは気に入っています。

 

あと、受付で下剤をもらいます。

これは、バリウムを早く排出させるためのものです。

 

バリウムは検査のために体内にいれますが、身体によいものではありません。

長く体内に入れておくとよくないので、下剤を飲みます。

 

バリウムの検査の終了時にも貰っているので、これは予備になります。

半日経っても出なかったときに服用します。

所要時間

今回は半日ドックということでしたが、所要時間は1時間ほど。

平日で回転が良いのもあったでしょうが、半日はかかりません。

 

一番時間がかかるのがバリウムの検査ですね。

 

午前10時に開始して11時過ぎには終了しました。

なので、他に予定を入れてもよいですが、下剤を飲んでいることはお忘れなく。

 

わたしも終了後はせっかくなので心斎橋あたりをうろうろしました。

特にお腹が痛くなることはなかったですが、人によっては急にお腹が痛くなることもあるので、お手洗いの場所は把握しておきましょう。

 

>>人間ドックの「ここカラダ」はこちら

主婦やフリーランスなどは年に1回は自身で検査を

健康はあって当たり前のようなものと思って日々過ごしている人も多いかと思いますが、いざ具合が悪くなり、大病をしているとわかった時にはとてつもなく後悔します。

 

お金もかかるので気が進むものではありませんが、大病したときにかかるお金に比べれば大したことありません。

まずは行政の補助のでるものを受けてみるのもいいですね。

 

自分の健康は自己責任で管理し、健康な生活を送れるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました