車折神社で一陽来復のお守りをいただいてきました!境内には芸能人の名前もずらりと並ぶ、芸能と金運の神社も

国内旅行・イベント

芸能人も多数お参りする車折神社に行ってきました。

嵐山の渡月橋も割と近くにあるので、京都散策の折に行ってみるのも良いかもしれませんね。

 

今回は、「一陽来復のお守り」をいただく目的でいきましたので、そちらも合わせてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

芸能人の名前もずらりと並ぶ、芸能と金運の神社、車折神社

車折神社とは

車折神社は、芸能の神社として有名な京都のパワースポット。

京都の有名な観光名所、嵐山からも1キロほどの距離です。

(場所については、この記事の後ろの部分で地図を掲載しています。)

 

車折神社では、平安時代末期の儒学者、清原頼業(よりなり)公を祀っています。

車折神社の名前の由来は、後嵯峨天皇が牛車に乗ってこの社前を通ろうとしたとき、突然牛が動かなくなり、車の引棒が折れたことから、「車折(くるまざき)神社」と呼ばれるようになりました。

 

学問向上、商売繁盛、売掛金回収の御利益があるとされています。

 

一陽来復のお守り

一陽来復のお守りとは、1年の中でも冬至から節分の時期にだけ、きまった神社でいただくことができるお守りです。

 

頂くと言っても、無料でいただくという意味ではありません。

神社では売り買いという概念ではなく、お金を納めるという考えなので、「初穂料」を渡します。(初穂料がいわゆる代金です。)

 

一陽来復のお守りは、社務所でいただくことができます。

 

車折神社では決まりがない(特に言及がない)ようですが、一陽来復のお守りで有名な早稲田穴八幡宮では、お守りを飾るタイミングが決められています。

 

それが、冬至・大晦日・節分の24:00です。(翌日に代わるタイミング)

 

車折神社では決まりがないようなので気にしなくてもいいと思いますが、せっかくなので、わたしも穴八幡宮の習わしに則り、今からの機会で残っている節分の24時に飾りたいと思います。

一陽来復のお守りをいただきました!頂ける期間・貼り方・関西で頂ける神社を紹介
京都の車折神社で、一陽来復のお守りをいただいてきました。 このお守り、金運アップのお守りとしてとても大きなパワーをもっているとされ、一年の間でも頂くことのできる期間が決まっているうえ、どの神社でも頂ける、というわけではありませ...

本殿

 

願いが成就したら奉納する「祈念神石」

本殿にある祈念神石です。

願いが叶った人が石を奉納しています。

 

石は適当な石ではなく、社務所でいただきます。(神石料500円)

 

たくさんの神石が奉納されています。

 

 

 

芸能神社

境内には「芸能神社」があります。

車折神社の本殿より、こちらの方が有名かもしれません。

 

祀られているのは天宇受売命(アマノウズメノミコト)。

 

天宇受売命は、天照大御神(アマテラスオオミカミ)が天岩戸(アマノイワド)に隠れ、世界が暗闇になったとき、天照大御神を外に出すための宴で、舞を踊った神様。

この天宇受売命の踊りが、天照大御神がそとに出るきっかけをつくったそうです。

 

天宇受売命の踊りはとてもエロティックな踊りだったそうで、他の神様が大爆笑。なんだろうと思った天照大御神が岩戸を開けたところをひっぱりだしたのだそう。

 

芸能人も朱塗りの玉垣を奉納

この芸能神社は、多くの有名人からの崇敬を集めており、おそらくあなたも知っている有名人の名前も多数あります。

 

車折神社に入ったすぐ正面から、朱塗りの玉垣がずらりと並んでいます。

 

とても有名な芸能人・有名人は、境内に入っていった右手の、芸能神社の前の目立つところに並んでいます。

 

有名な方の名前もたくさん発見したので、紹介したいと思います。

わたしはあまり芸能人の方に詳しくないので、名前を見てピンときた方の一部は書き出しておきますね。

 

最初に、中でも面白いと思った、ワンピースの麦わらの一味の名前を紹介します。

 

▼富岡高校ダンス部・本田朋子・おぎやはぎ・チャンカワイ 等(敬称略)

▼本田朋子・おぎやはぎ・とんねるず・土屋太鳳・武井壮 等(敬称略)

▼里見浩太朗・的場浩司・雛形あきこ・林家三平・EXILE・高嶋政伸 等(敬称略)

▼勝地亮・前田敦子・KABAちゃん・篠田真理子・兵頭大樹・川崎麻世 等(敬称略)

 

 

 

 

 

 

 

 

車折神社の場所

車折神社は、京都の有名観光スポットの嵐山の近くにあります。

 

車折神社の目印

車折神社は道から奥に引っ込んでいるので、車からだとわかりづらく、周辺で迷子になるかもしれません。

上の写真の京都信用金庫嵯峨支店の右側の道を奥に入っていきます。

 

その道路を挟んだ向かいにセブンイレブンがあります。

 

車で迷子になった場合、住宅地のほうに入ってしまうと道がとても狭く、またローカル電車の踏切などもあり、とても動きにくいです。

事前に周辺のルートを予習していくことをお勧めします。

 

車折神社と嵐山(渡月橋)の位置関係

車折神社の駐車場

車折神社には、無料の駐車場があります。

土日は満車になりやすいかもしれません。

 

わたしが行ったとき(祝日の月曜)は、表には「満車」と出ていましたが、後から境内にはいると、空きがありました。

土日は駐車場に整理のおじさんがいるので、一度境内に入るといいかもしれません。

 

 

もし満杯だった場合は、神社の左側に10Mほど行ったところにあるパーキングがこの周辺では一番安いと思います。

30分100円です。

車折神社のお参り自体は、よほどじっくり見て回らなければ1時間ほどなので、200円ほどです。

ただ、そこまで台数が停めれるわけではないので注意。

 

渡月橋方面にも大型の駐車場がありますが、1日1000円程必要です。

1日中この辺りを散策するならよいと思いますが、そうでなければ、車折神社か、神社の左手のパーキングがおすすめです。

(停めていいとは言いませんが、神社の入り口の向かいにセブンイレブンがあります。)

 

タイトルとURLをコピーしました