話題の五つ星ホテル「プラヤパラッツォ」に泊まってみました!

話題の五つ星ホテル「プラヤパラッツォ」に泊まってみました!

今回のタイ旅行は、珍しく4泊とも1つのホテルに滞在。

というのも、旦那さんがホテルの口コミサイトを見てるうちにいろんなホテルに泊まりたくなってしまう性分なので、いつも移動が大変なのです(;´・ω・)

(楽しいけどネ)

 

というわけで、今回はタイでまったり過ごしたいという私の要望のもとチョイスされたのが・・

噂のおしゃれ5星ホテル、「プラヤ・パラッツォ」です!

 

当ブログ以外での口コミをご覧になりたい方は、こちらにエクスペディアの「プラヤパラッツォ」のリンクを貼っているので、そちらも確認してみてください。
>>プラヤパラッツォの口コミを見てみる

 

スポンサーリンク

プラヤ・パラッツォホテルとは

元貴族の邸宅をリノベーション

プラヤパラッツォ

プラヤパラッツォは、植民地時代の貴族の邸宅をリノベーションしたホテルです。

 

大きなホテルではないので、客室も17部屋しかありません。

 

チャオプラヤ川が目の前を流れ、のんびりとしたひと時を過ごすのには最高のホテルです。

 

ホテルの人も、にこやかで丁寧、親切です。

ホテルに行くには電話でボートを呼ぶ必要あり!

 

プラヤパラッツォ

 

プラヤ・パラッツォはバンコク中心から見て、チャオプラヤ川の「あっち側」に位置しています。

行くためには川を越えなくてはならないのです(;´・ω・)

 

じゃあどうやっていくのかというと・・?

 

ご安心ください、ホテルが24時間船で川を渡してくれるのです!

 

(船の呼び方はあとで説明しますね^^)

通りからN13プラアティット桟橋への行き方

プラヤパラッツォ

 

プラヤパラッツォの船は、N13プラアティット桟橋(Phra Arthit)に発着します。

 

N13プラアティット桟橋の場所

プラアティット桟橋へ行くには、大通りからまっすぐ突き進む道が一番早いです。(下図、1のやじるし

 

ただ、道が狭い(片側がお土産売り場)ので、大きなスーツケースを持ってる人は通りにくいかもしれません。

あと、こちらの道は夜にはシャッターが下りて通れなくなります

何時に閉まるのかは正確にはわかりませんが、22時には締まっていました

 

ただ、電話で船を呼ぶときに閉まっていることをホテルの人に伝えると、船に乗ってくる人が開けてくれるみたいです

 

他のルートとして、右手にあるプラ・スメン砦が広い公園になっているので、そこから川の方まで出て、川沿いに歩くこともできました。(下図、2のやじるし

 

また、隣に「ナヴァライ リバー リゾート (Navalai River Resort) 」があるのですが、そこを突っ切る方法もあります。

ただ、やはりナヴァライさんの敷地なので積極的に通っていいわけではありませんが、シャッターを開けてもらえると知らず、プラ・スメン砦の公園が滞在2日目からなぜか閉鎖されていたときに通らせてもらいました。

 

ちなみにこちららには、入口にナヴァライ リバー リゾートの守衛さんがいるので、彼に「プラヤパラッツォの滞在者なんですが・・」と言うと、ちょっと仕方なさそうに通してくれます。

 

その先には、ナヴァライ リバー リゾートのレストランの川沿いのオープンテラスエリアの間を突っ切り、桟橋まで出ます。(下図、4のやじるし

 

ちなみに、川沿いは遊歩道になっているので、左手のずっと向こうの橋のあたりから通ってくることもできます。(下図、3のやじるし

 

プラヤパラッツォ

プラヤパラッツォ専用の船は電話で呼ぶ

N13プラアティット桟橋は、プラヤパラッツォの船の他、遊覧船の発着場になっています。

 

タイミングによっては、ここに旅行客の集団がいます。

ここで待っている集団は観光客で、プラヤパラッツォの客ではないので一緒に乗り込まないように注意しましょう

 

プラヤパラッツォの人は、N13プラアティット桟橋に常駐しているわけではなく、船も常に桟橋にあるわけではありません。

では、どうやって船が来てくれるのかというと、自分でホテルに電話します。

 

事前にメールで時間を伝えたというブログも読んだことがあるので、その方法でもよいとおもいます。

 

わたしは電話で船を呼びました。

 

わたしたちはバンコク滞在時、タクシーアプリを入れる予定もあったので、タイのSIMカードを事前に日本で購入しておき、バンコク滞在中はそれをつかってスマホを使用していました

その方法であれば、タイで有効な電話番号も得ることができます

 

バンコク旅行なら、タイの現地SIMがベスト!AISのSIMカードの使い方

 

なので、最初にホテルの船を呼ぶ際は、その電話番号を使用しました。

 

ちなみに、ホテルにチェックインしてしまえば、専用の携帯電話を借りることができます

プラヤパラッツォ

 

プラヤパラッツォに宿泊する際は、ホテルへの最初のアクセス時の連絡手段を、自身で確保しておいてください。

  1. メールで事前にN13.プラアティット桟橋に着く時間を伝えて迎えに来てくれるように伝えておく。
  2. タイで有効な電話番号を得ておき、自分で電話する。

の2択になると思います。

 

電話の場合は英語で大丈夫です。(そして日本語は通じません。)
英語も怪しいわたしたちですが、とりあえず、「今N13.プラアティット桟橋に居る」「ボートが必要」ということを伝えれば大丈夫です。

ドンムアン空港からホテルへのアクセス

わたしはドンムアン空港からAIRPORTELsというサービスで荷物を別送りしてもらい、私たち自身はリモバスでカオサンロードまで出ました。

 

その後カオサンをぷらぷら散策し、夜ご飯を食べた後、プラヤパラッツォへ向かいました。この方法では、カオサンまでのリモバス運賃で一人150THBです。

ドンムアン空港からホテルまでタクシーでいくなら、450THBくらいです

 

このあたりは今のところ鉄道は通っていないので、車で空港から来るか、空港からフェリー乗り場まで電車で出て、船を利用するか、となるようです。

 

ホテルから空港へのお迎えサービスもありますが、1700THB(日本円で約5800円)と、結構高額です

 

プラヤ・パラッツォの雰囲

まるでロミオとジュリエット(^^♪
プラヤパラッツォ

プラヤパラッツォ

 

プラヤパラッツォ 夜は、目の前のチャオプラヤ川を派手なお船がしょっちゅう行き来します。

 

プラヤ・パラッツォのお部屋の様子

プラヤパラッツォ

 

ベッド

プラヤパラッツォ

お風呂

プラヤパラッツォ

シャワー

プラヤパラッツォ

ウェルカムフルーツとミニバー

水とフルーツ、インスタントコーヒーは無料ですが、その他のお菓子、お酒は有料。
プラヤパラッツォ

ガウンとスリッパ

プラヤパラッツォ

金庫

プラヤパラッツォ

プラヤパラッツォ

このアメニティはなかったので、準備しましょう

歯ブラシ・歯磨き粉がなかったので、これらは持っていくか、ホテルに行くまでに購入したほうが良いです。

あと、コンディショナー、もしくはトリートメント的なものもありません

 

プラヤ・パラッツォの朝食

プラヤパラッツォ

プラヤパラッツォに滞在中は、毎朝朝食をいただきました。

朝食会場もクラシカルで良い雰囲気です。

オーダー用のアンケート

プラヤパラッツォ

朝食会場に行くと、毎回このようなアンケートを渡されます。

アンケートは中国語と英語の二種類あります。

 

タイでは、日本人を見ても、中国人か韓国人と思われることがよくあります。それだけ、そのあたりからの旅行者が多いのでしょう。

 

Japaneseだと伝えると、英語のアンケートを渡されます。

 

アンケートでは、

  • 卵料理のスタイル
  • サイドメニュー
  • タイの朝食(おかゆ)
  • パンケーキ

 

が選択できます。

全部頼んでも大丈夫ですが、タイのおかゆはお腹にかなりたまるので、1日目だけ頼んで、二日目以降は卵料理とパンケーキにしました。

 

あと、ジュースやフルーツはバイキング形式でいただけます。

 

パンも自由に食べられて、好みでトースターで焼いたりもできます。

 

フルーツの内容が変わったりとかはありますが、基本的にメニューは毎日同じなので、選択する食事を替えたりして楽しみます。

 

プラヤパラッツォ

こちらは「poached egg」。 朝からお腹に重いので「ポテト」にチェックを入れていないのに、毎日ポテトがお皿に乗ってきました。(笑)
プラヤパラッツォ

こちらは「omelets」

プラヤパラッツォ

 

タイ米のおかゆ

プラヤパラッツォ

プラヤパラッツォ

 

 

このアメニティが最高!

プラヤパラッツォ

 

プラヤパラッツォで客室に置いてあるアメニティに、ARBのものが使用されています。

 

ARBはタイで人気の天然アロマのブランド

 

自然エキスを配合したレシピで、とても良いにおいがして気持ちが安らぎました。

 

使い心地が良かったら、ARBを取り扱っているお店に行って、お土産に購入するのも良いですね(*’ω’*)

フロントの対応も良い

滞在中、Wi-Fiの接続が切れてしまったことがありましたが、フロントに電話するとすぐに直してもらえました。

また、エアコンの効きが悪くなったときも、すぐに対応してくれました。

>>プラヤパラッツォを予約サイトで見てみる

タイ旅行カテゴリの最新記事