温度・湿度チェック&エアコン操作できるアイテム「SwitchBot(スイッチボット)」・「Nature Remo(ネイチャーリモ)」

飼育用品

暑い季節や寒い季節。

仕事やお出かけで外出していると、家でお留守番しているペットたちがちゃんと快適に過ごせているか気になりますよね。

 

それは「放っておいても大丈夫」なんていわれる爬虫類たちだって同じ。

放っておいてもと言っても、放置はよくありません。

 

適切な環境の中でなければ、彼らは健康に生きることはできません。

特に真夏や真冬は、飼育者が細かく温度や湿度などの環境をチェックしてあげる必要があります。

 

今回は、外出先からもペットの様子をチェックしたり、温度や湿度のチェックやエアコン操作ができるアイテムを紹介したいとおもいます。

スポンサーリンク

温度・湿度チェック&エアコン操作できるアイテム

「スマートホーム」「ガジェット」そんな言葉を聞いたことはないですか?

なんかむずかしいですよね。

ちょっととっつきにくい言葉に感じる人もいるかもしれませんが大丈夫!

 

ひとまず今回は「スマホと連携することで屋外から操作できる便利なアイテム」と思ってください。

 

 

今回紹介するアイテムを使うと、アプリによってスマホと連携することで外出先から家の家電を操作できたりしちゃうんです!

SwitchBot(スイッチボット)

SwitchBotは温度・湿度のチェックやエアコンなどの赤外線リモコンの家電操作、ペット監視カメラ、物理的な部屋のスイッチのオンオフなどができるアイテム。

「SwitchBot(スイッチボット)」のシリーズでいろんな関連アイテムが出ていますので、それぞれの機能に応じた商品を買う必要があります。

SwitchBot ハブ(スイッチボット)

温度・湿度チェック&エアコン操作できるアイテム「SwitchBot(スイッチボット)」・「Nature Remo(ネイチャーリモ)」

「SwitchBot ハブ」は、家電のリモコンを登録することで、SwitchBot ハブがリモコンの代わりになるというアイテム。

スマホにSwitchBotのアプリを入れ、そのアプリと「SwitchBot ハブ」を連携し、テレビのリモコンやエアコンなど赤外線で操作するリモコンをSwitchBot ハブに登録することで、スマホをリモコンの代わりに使うことができます。

「SwitchBot ハブ」はWi-Fi環境下に置いておき、スマホでWi-Fiのとパスワードの設定をします。

「SwitchBot ハブ」を使用することで、屋外からスマホの画面でエアコンを操作することができます。

 

下の画像はスマホアプリのスイッチボットを開いた画面です。

左側下の「Hub Mini B2 はちゅ部屋」というのが、わたしのスイッチボットです。

何らかの事情(例えばWiFiが切れたとか)でスイッチボットが機能しなくなった場合は「オンライン」の文字が「オフライン」となります。

その場合、遠隔でエアコン操作をすることができないので、お出かけの前にはできるだけアプリでスイッチボットが「オンライン」になっているか確認したほうが良いです。

基本的にはオフラインになったときにはスマホに「オフラインになりました」という通知が来ます。

上の画像の「エアコンはちゅ部屋」というのは、スイッチボットとエアコンをリンクさせているためです。

もし他に赤外線リモコンで操作する家電をスイッチボットに追加した場合は、この画面に例えば「テレビ」とか「照明」といった形で追加させることができます。

SwitchBot 温度湿度計(スイッチボット)

switchbot温湿度計は、置いている場所の温度・湿度をチェックすることができるアイテムです。

スマホに「switchbot」のアプリを入れ、switchbot温湿度計と連携することで、どこにいてもSwitchBot温湿度計を置いている場所の温度と湿度をチェックすることができます。

温度・湿度チェック&エアコン操作できるアイテム「SwitchBot(スイッチボット)」・「Nature Remo(ネイチャーリモ)」

SwitchBot温湿度計の利用には、先に紹介している「SwitchBot ハブ」は必要ありませんが、外出先から温度湿度をチェックするくらいの人であればエアコン操作などもしたいと思うので、基本的にはセットで使用することになると思います。

USB給電なのでコンセントが近くになくても大丈夫です。

 

下の画像は最初のスイッチボットの項目でも紹介したものですが、この画像の右側の「Meter 08 はちゅ部屋」というのが、わたしのスイッチボット温湿度計です。

わたしは26.9度以下、もしくは28.5度以上になると赤字になるようにしているので、下の画像では36.7℃で赤字になっています。

設定した適性温度内であれば下の画像のように黒文字で「27.6℃」となっています。



Nature Remo(ネイチャーリモ)

温度・湿度チェック&エアコン操作できるアイテム「SwitchBot(スイッチボット)」・「Nature Remo(ネイチャーリモ)」

Nature Remo(ネイチャーリモ)は、先に紹介した「SwitchBot ハブ(スイッチボット)」と同じ役割のものと考えてもらってよいと思います。

 

スマホに「Nature Remo(ネイチャーリモ)」のアプリを入れ、アプリとNature Remo(ネイチャーリモ)を使って家電の各赤外線リモコンを登録していきます。

これによって、屋外からスマホで家電の操作が可能となります。

 

尚、Nature Remoには、Nature RemoNature Remoミニがあります。

 

大まかな違いとしては、Nature Remoは温度・湿度センサーがついておりNature Remoミニには温度センサーのみがついています。

飼育で使うというのであれば、温度・湿度センサーがついているNature Remoのほうが良いと思います。

わたしはNature Remoはリビングで使用しており、湿度は気にしていないので、Nature Remoミニを使用しています。

 

尚、SwitchBot では家電操作ができるSwitchBotハブと温度湿度がチェックできるSwitchBot 温度湿度計は別の商品となっていますが、Nature Remoではひとつの商品で家電操作と温度湿度のチェックが可能です。




外出先からペットをチェック!監視カメラ

続いて、外出先からペットを監視できる監視カメラを紹介します。

SwitchBot 防犯カメラ

先ほどリモコン代わりになる「ハブ」と「温湿度計」で紹介したSwitchBot から、2021年7月9日から監視カメラが登場します。

この記事を書いているのが6月29日なので、現在は予約受付中です。

ハブや温湿度系をSwitchBot にするなら、全てスイッチボットにした方がスマホにインストールするアプリもSwitchBot だけで済みますし、スッキリするかもしれません。

みてるちゃん

温度・湿度チェック&エアコン操作できるアイテム「SwitchBot(スイッチボット)」・「Nature Remo(ネイチャーリモ)」

こちらの「みてるちゃん」は私が使用している監視カメラになります。

こういった監視カメラの商品は基本的にはスマホに専用のアプリをインストールし、そこからWi-FiのIDとパスワードを登録することで、監視カメラとスマホを連携することができるようになっており、外出先からも監視カメラの映像をみることができます。

 

「みてるちゃん」はシリーズ化しており、いくつか商品がありますので自分の用途にあったものを選ぶのが良いと思います。

 

「みてるちゃん」はAmazonのArexa(アレクサ)に対応しているため、家の中に画面付きのアレクサ(※アレクサには画面のないものもあるため注意)があるのであれば、例えば別室のペットの映像をリビングで仕事をしながらアレクサの画面でリアルタイムで確認するということもできます。

 「みてるちゃん」はアレクサに対応していますが「みてるちゃん2」になるとアレクサ非対応となります。

 

下の画面はスマホからみた監視カメラの画面です。

外出時は特にリクガメがひっくり返っていないかが心配なので、カメのところに使っています。


タイトルとURLをコピーしました