爬虫類飼育者の月間の電気代を公開!

爬虫類

爬虫類飼育をしてる人ってどのくらい電気代かかってるんだろう?って思ったことはないですか?

 

これから飼育しようと思っている人は特に、初期費用に加えて毎月のランニングコストとして家計に乗っかってくるので先に心構えをしておきたいですよね。

 

また、現在飼育している人でも、他の家庭の電気代って気になりますよね。

 

今回は、我が家の電気代について紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

爬虫類飼育者の月間の電気代を公開!

わが家の電気代について

今回紹介する電気料金は、わたしの住む関西電力エリアの電気料金となります。
※電気代は全国一律ではなく、エリアや電力会社によって異なります。

また、電機料金は「爬虫類飼育でかかったもの」だけではなく、家庭全体の電気料金となります。

家族構成は人間2人・生き物多数です。

わが家の電気料金公開

爬虫類飼育者の月間の電気代を公開!

それでは、実際の電気料金を見てみましょう。
わたしは昨年10月にソフトバンクでんきから楽天電気に電力会社の切り替えを行って実際に適用されたのが2020年12月からです。

楽天電気は1kwhの単価が一律で22.5円、そして基本料金はありません

そちらを踏まえて現時点での一番最新のものを見てみましょう。

この記事を書いているのが2021年5月なのですが、わかっている最新のものが2021年3月のものになりますので、2021年3月から、楽天電気が適用された2020年12月までの電気料金を紹介したいと思います。

また、電気料金を考えるうえでとても大事なのが「kWh(キロワット時・キロワットアワー)」なので、月間の使用kWhも併せて記載しておきます。

電気料金

■ 2021年3月 14,525 円   605kWh 
■ 2021年2月 15,476円  650kwh
■ 2021年1月 16,278円  684kwh
■    2020年12月 10,407円  434kwh

電気料金の構成について

あまり興味がある人もいないと思いますが、毎月自分が払っている電気代について知っておくことは結構重要です。

 

これを知っていることで、月間のkWhを把握できれば、電気会社を乗り換えるとき、他社との比較も自分で行うことができます。

 

電気代を乗り換えるときに、よくシュミレーションが各電力会社のところにありますが、基本的には推定の電気料金からの試算なので、正確さに欠けます。

また、比較対象として選べる電気会社は、各社自分のところより電気代が高くなる会社しか選べない仕組みになっています。(当然といえば当然かもしれませんが。)

 

なので、電気代がかかりがちな爬虫類飼育者さんはぜひ、月々の電気代がどのようになっているか知っておいてもいいんじゃないかなと思います。

 

面倒ではありますが難しくはありませんよ!

最終的にわたしたち利用者に請求される電気代

爬虫類飼育者の月間の電気代を公開!

最終的にわたしたちに請求される電気代は、

【1】基本料金(これは基本料金がある会社とない会社があります)
+
【2】各電力会社が決めている電力量料金単価(1kWhあたり何円か)×実際に使用したkWh 
±
【3】燃料費調整額×実際に使用したkWh 
+
【4】再生可能エネルギー発電促進賦課金(ふかきん)×実際に使用したkWh 

これが、最終的にわたしたちに請求されます。

なので、電気を使えば使うほどこの計算式の【2】、【3】、【4】に掛かってきます。

 

燃料費調整額について

「燃料費調整額」についてはプラスになることもあればマイナスになることもあります。
これは平均燃料価格(実績)が基準燃料価格を上回る場合はプラス調整を、下回る場合はマイナス調整が行われるためプラスであるときもあればマイナスであるときもあるからです。

これは毎月いくらか、というのが公表されています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

また、再生可能エネルギー発電促進賦課金について、これは5月~翌年4月までの1年サイクルごとに金額が変わります。

 

 

この「燃料費調整額」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」はどの電力会社でも基本的には入ってくるものです。

なので、みなさんが毎月電気代を払っているときに、その中に含まれています。

2021年3月の電気代を例に計算

実際に2021年3月の電気使用量を基に「楽天でんき」で計算してみましょう。

楽天電気は1kwhの単価が一律で22.5円、そして基本料金はありません。

基本料金 0円
電力量単価 22.50円×605kwh=13.612.50円
燃料費調整額 -1.47円×605kwh=-889.35円
再生可能エネルギー発電促進賦課金 +2.98円×605kwh=1.802円

これらを合計すると14,526.05円となります。

実際に請求されている金額は14,525円となります。
計算結果と1.5円の差がありますが、計算上の小数点以下の切り捨てなどで差が出たのだと思います。

スポンサーリンク

爬虫類飼育者の月間の電気代を公開!

今回は、わが家の電気代を紹介させていただきました。

これから飼育する人、現在飼育している人の参考になるとうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました